タングステンの価格

このエントリーをはてなブックマークに追加
タングステンの価格を調べてみました。
下記グラフは、ここ1年のタングステンの価格の最新の推移です。

タングステンの市場価格 タングステンの価格動向

最近1年
※縦軸 ドル/kg 横軸 期間

タングステンの価格 動向チャートを詳しく見る

レアメタルの価格推移詳しく見る

金の価格推移をチャートで詳しく見る

タングステンとは

タングステンは最も重い元素のひとつであり、金属の中では融点が最も高く、熱伝導性、耐食性、及び電気伝導性にも優れています。又、膨張率が低く、高温下(温度1,650℃以上)では金属中最高の強度となります。

 ドリルなどの高速度鋼(タングステンと鉄の合金)タングステンと銅の合金による電気接点電極、炭素とタングステンの化合物はダイヤモンドに次ぐ超硬合金として切削工具、比重が大きいという性質を活かして、釣りのおもり(シンカー)、ゴルフクラブ等のウエイト、鉛に替わる放射線の遮蔽利用、楽器部品など多種多様に利用されています。

 日本のタングステン需要は、100%を輸入に頼り、WO3(三酸化タングステン)、APT(パラタングステン酸アンモニウム)、フェロタングステン等中間原料からタングステンカーバイド、まで様々な形で輸入しています。  工具分野は、日本のタングステンの需要分野としては国内需要の約6割と推定され、タングステンカーバイドの形で切削、耐摩耗、耐触、鉱山土木用工具として利用されています。

 特殊鋼分野では、高速度鋼、耐熱鋼、強靱工具鋼等にタングステン酸カルシウムの形で添加して使用され、国内需要の約2割を占めていると推定されています。

 APT(パラタングステン酸アンモニウム)の生産は現在中国の独占状態となり、日本には、APTの形で輸入される量が最も多くなっています。

生産量のほとんどを中国が占めるため、タングステンの価格は需要供給の関係とあわせて中国の政治的判断によるところが多くなります。

2006年の関税引き上げにより、タングステンの価格が高騰したものはこの代表的なものです。

金属関連 最新ニュース

メニュー

PRコーナー

QLOOKアクセス解析
Ads by Sitemix